ポーランド クラクフ おすすめ観光地6選‼人気のお土産も紹介します★

みなさんこんにちは!NAMIです!

今回は『ポーランドの京都』といわれるクラクフの観光名所の紹介です♪

上記のようにいわれるのは、クラクフが日本の京都のように昔ながらの町が今だ多く残ることから言われています。

ポーランドの街を観光してみて思ったのは、その全体的な可愛さ🥰街には花が咲き、それがよく管理されていました!

↑夏の季節だったのがより幸いし、花がいたるとこに咲いてました🥰

ポーランドの観光名所として首都のワルシャワと並ぶ有名な観光地『クラクフ』を紹介します!

観光名所の紹介

コシチュシコ山

 

城の中に高い山があるこちら『コシチュシコ山』。クラクフの山の頂上ではクラクフのパノラマを見渡せます!歴史的な 19 世紀の要塞を見ることができる場所でもあります

↑頂上の眺めは最高!クラクフの街が見渡せます!5ゾウチで望遠鏡も使えるようです!

クラクフの街が見渡せるこの山へ登る際、手すりのなり細い道をひたすら上ります。

コシチュシコ山は丘の上のまた山になったところに位置しており、上に行くにつれどんどん危なく感じました。

ときどきフラッとなってしまうかもしれません😰本当に気を付けて登りましょう!

↑下に降りてほっとしました💦とてもいい景色は見れましたが、上るのに本当に危なかったです😅

ヴァヴェル城

↑ヴァヴェル城は丘の上に立つ要塞の城で、全貌は上のようになっておりかなり広いです。

↑ヴァヴェル城にはドラゴン伝説があり、お城の下には火を噴くドラゴン像があります🤯本当に口から火を噴くんですよ!

↑ヴァヴェル城場内はこのようになっており、何か気づくことはないですか?☺

もう少し大きくしてみましょう!

↑どの建物も何かしら少し違う…🤔ヴァヴェル城の歴史は古く、14世紀までさかのぼります。

そこから長い年月をかけて様々な様式の建物へと変化して、このようなデザインとなりました。

お城の中は有料ですが、広いお庭は無料で散策できるのでおすすめです♪

ヴァヴェル城ではお土産も多く販売されており、私はポストカードとトートバッグを購入しました♪

ポストカードは別の記事で紹介してますのでこちらへどうぞ↓

↑こちら上記の記事のポストカードと同じお店で購入したエコバッグ。その他いろいろと柄の種類がありました!

ポーランドは物価が安い&かわいいデザインのものが多く販売されていますので、お土産には困りません♪

逆に、かわいすぎて選べなくて困るかも🥰

St. Florian’s Gate(聖フロリアンの門)

↑ポーランドの最も有名なゴシック様式の塔の1つであり、クラクフの旧市街の中心にある塔。塔の周りでは絵が多く販売されている。

Barbakan Krakowski(バルバカン)

↑クラクフ旧都市の数少ない要塞。円形のバルバカンは円形のゴシック様式の建物で中を通ることができます

Bazylika Mariacka(聖アリア聖堂)

↑こちら聖マリア聖堂はクラクフの中央市場と呼ばれる一番賑わっている街の中にあります。

聖マリア教会の2つの高い塔の上からは、毎時間ごとにヘイナウ・マリアツキ(英語版)と呼ばれるトランペットの時報が演奏されます。

そのトランペットの音色は演奏中に中断され、もの悲しく終わります。
これは13世紀のラッパ兵が、モンゴルの襲来を告げる警笛を鳴らしている途中で喉を射られたことに由来しているそうです。

その他にも、ここにはハト伝説というものもあり、広場にはハトが多くいます。

『中央市場広場のハト伝説』

昔、野心を持った権力者の男がいました。その男は王になろうとしますが、王になるにはローマ教皇の許可と、莫大な貢納金が必要で、権力者といえど、それほどの大金を用意するのは至難の業でした。

その男は魔女に知恵をもらいに行きます。

魔女はその願いを受けると、男の兵士たちをハトに変えてしまいます。魔女はハトたちに「聖マリア教会に飛んでいけ」と命じました。

すると、落ちてきた壁の破片が金貨に変わっていたのです!

このようにしてヘンリク4世は、貨車数台分もの金貨を手に入れることに成功し、王になるためローマへ向かいます。

魔女はローマへ行き、王として帰ってきたのならハトの兵士たちを元に戻すと約束をして。

しかし、大変な浪費家だった彼は道中、最高のワインと最高の食事を取り続ける毎日でした。

彼の手にした金貨はすぐに無くなり、とうとうローマに辿り着くことも、クラクフに帰ることもできなくなってしまったのです。

そして、鳩にされた兵士たちは主人の帰りを今でも中央広場で待ち続けているそう・・・

なんとも報われない話ですね💦

織物会館

中央市場広場には織物会館というポーランドのお土産屋さんがずらりと並ぶ建物があります!

↑こちらがその織物会館。1階が市場、2階が美術館となっています。

↑織物会館の中はこのように、左右にお店がぎっしり!琥珀やポーランドにまつわるお土産が買えます♪

この市場でなくともお土産は買えますが、私はここの市場が一番最安に感じました!中に入っているお店により販売しているものが同じでも値段が違うものがあります。その中でより安いものを探すのもありです!

市場の外のお土産専門店は多くありますが、そこは割高でした💦

↑織物会館で琥珀のネックレスを購入しました♪ 値段は58ゾウチ(日本円で約1800円)

織物会館では琥珀を販売している専門店が多くあります。そこで注意なのですが、ネックレスのメインになるパーツのみ販売されていることが多く、チェーンは別売りです。

私が購入した際も、まさかチェーンがついてこないなんて思いもよらず、チェーンをまた別で購入しました。

チェーンは70ゾウチ(日本円で約2000円)とメインの琥珀より高くなりました😅

まとめ

いかがでしたか?

クラクフの治安は昼間などは比較的よく感じます。しっかりと荷物から目を離さず、鍵などつけていれば安心して観光ができます!

物価も安く、食べ物なども安価に手に入るので、お土産や日々の食事には困りませんでした♪

少しでもこの記事が皆さんの参考に慣れば幸いです🥰

その他に、ポーランドグダニスクのおすすめ観光名所の紹介もしています♪↓

NAMI CANVASでは私が行く旅行先、海外や国内旅行についての観光地の紹介と、私が使用するコスメ、スキンケアや日々気に入ったこと、幅広く紹介していきます! 旅行のVlogもやっているので、そちらもご覧ください♪ 73CANVASとは別で着物、和裁に関するYOUTUBEをはじめました!⇒73 sewing channel ブログ主:NAMI(ナミ) 1級和裁技能士、着付士